CBDと音楽で最高にリラックスする方法

CBDと音楽とリラックス

今話題のCBDですが、音楽と組み合わせることによってさらなるリラックス効果を得られるということを皆さんご存じでしょうか?CBDと音楽の関係には、とても深い関係性があります。CBDと音楽はなぜ相性が良いのか、CDBと相性の良い音楽はなにかなど、今回はCBDと音楽の関係性について詳しく紹介します。

CBDオイル

CBDって?

CBD(Cannabidiol)とは植物の麻(ヘンプ)から採取される成分、カンナビノイドの一つです。カンナビノイド自体は約113種類もありCBDはその中の一つに含まれます。特にアメリカなどの先進国を中心に注目を集めており、現在幅広くCBDがもたらす様々な効果効能について、研究が進んでいます。日本で大麻は規制薬物として一般の流通や使用が制限されているため危険なものとCBDに警戒を示す方もいらっしゃるかもしれません。

しかしCBDにはマリファナなどに含まれるTHC(テトラヒドロカンナビノール)のような、気分がハイになる精神作用はありません。CBDの安全性と有効性については、世界保健機関(WHO)も認めており安心して使用できるものです。また、日本においては、大麻取締法 第一章第一条にて、「大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。」とされ、かつ、厚生労働省HPにて、国内へのCBD製品の輸入手続きについて明示されております。

大麻から抽出されるCBD成分

大麻草とは主に麻(ヘンプ)や大麻などの総称を指します。大麻草には、様々な成分がありますが、その一つが今話題のCBDと、THCです。THCはCBDと同じくカンナビノイドの一つです。多幸感を覚える作用などの精神活性化を促す成分で、マリファナの主成分としても知られています。依存性があり場合によっては被害妄想などに陥ることもある成分です。

大麻草にはCBDやTHCの含有量によって、麻(ヘンプ)と呼ばれる分類とマリファナと呼ばれる分類に分けることができます。麻はCBDの含有量が20%以上およびTHCの含有量は0.3%以下であるとされています。マリファナはTHCの含有量が20%以上ありCBDは10パーセント程度とされており、マリファナの使用・所持は日本の法律で禁止されています。

CBDの主な効果効能

CBDに期待される効果は、ストレス解消や睡眠導入、リラックス効果、腸の働きの補助、疲労回復など様々です。日常の不調に対して手軽に摂取することが可能です。不調や悩みを天然成分のCBDで改善することで、鎮痛剤や睡眠薬などを飲む回数が減らせ、身体への負担軽減につながります。

CBDが含まれた基礎化粧品も数多く製品化されており肌トラブルにも効果的とされています。

#CBDと音楽の関係性

CBDと音楽の相性は?

CBDと音楽は非常に相性が良いとされています。

CBDを摂取すると、ドーパミン・セロトニン受容体の感度が高まり不安が解消されリラックスすることができます。そして、CBDは心を落ち着かせる化学物質を排出するアデノシン受容体に働きかけ、極度の緊張からも解放する作用があります。そのような効果から、自然に音楽に集中出来るように体が働きかけてくれます。音楽自体にもヒーリング効果があり心と体をリラックスさせることが可能です。人の脳は、リラックスしている時にα波が、普通の状態の時にはβ波が強く出ている説が提唱されており、α波を誘発する作用をもつ音楽を特にヒーリング音楽と呼ばれています。ヒーリング音楽を聴くことで、副交感神経を優位にして、リラックスでき、また自律神経のバランスを調整することが可能です。それぞれ効果があるCBDと音楽を組み合わせることで非常に大きなリラックス効果が期待できます。同じ音楽を聴いていてもCBDを吸っていない時にはない感覚が得られる人も多いそうです。また、日常的にCBDと音楽を取り込むことで疲労回復、精神の安定、安眠に効果が期待できます。  CBDと音楽の組み合わせは、最強のリラックス効果を生み出すものであるといえます。

CBD×音楽は究極のリラックス効果を生み出すためには

CBD×音楽で究極のリラックス効果を生み出すためには周りの環境も大切です。照明を暗くしたり、自分好みのアロマを焚いてみたりなど静かな居心地の良い環境で行うこともリラックスするための大切な要素です。自分がゆったりとくつろげる室内空間を作りましょう。

CBDと相性が良い曲

CBDと相性がいい音楽は、ジャズやクラシック、自然音などとにかくリラックスできる曲がおすすめです。CBDには元々リラックス効果があるので、ヒーリング音楽と組み合わせると相乗効果が期待できます。反対にテンポが速い曲や歌詞のあるJ-POPなどは不向きになってます。

テンポが速い曲は、交感神経が優位になってしまうのでオススメはしにくく、またテンポが速い曲は交感神経が優位になってしまい落ち着くことができなくなってしまいます。同様にJ-POPは歌詞に意識が集中してしまい、リラックスすることが難しくなるのです。CBDと音楽を組み合わせリラックス効果を得たい時には副交感神経が優位になる曲を選びましょう。

 

今後のご注文及び問い合わせについては、下記フォームよりお問い合わせくださいませ。問い合わせはこちらから

また、チャットでもご対応させて頂きますので、お気軽にお問合せ下さい。

CBDと音楽で最高にリラックスする方法
トップへ戻る